1月8日為替考察

昨日はバイデンさんが大統領に正式に就任し

民主党がオールブルーを達成しました。

事前情報ではバイデンさんが当選し民主党がオールブルーを達成した場合株価は下落すると言われていたにも関わらず結果は株価は高値更新し続ける相変わらず意味がわらかない相場・・・

悪材料に葉一切無反応で、良い材料だけ吸収されそのたびに株価があ賀r続ける完全に良いとこどり相場になっております。

まさに金融バブル状態でカネ余り状態が続き金融市場に流れ続けている状態です。

仮想通貨にいたってはビットコインがついに400万を超え410万を朝方につけている状態です。

今ビットコインは470万に指値しているのでこのままもう一段吹いて刺さったら、その後100万くらい下落して利確できないかと企んでいますw

それにしても1年間で10倍とか為替でこつこつやっているのがばかばかしくなっちゃう状態ですねぇ。

それはそうと昨日のドル円の動きも結構すごかったですね。

朝方に103円割れた後は仲値を切っ掛けにショート勢を徐々にロスカットし続けながらジワジワと上がり続けました。

上がり方がジワジワだったせいで新規のショートを次々と吸収していき、新規でショートした人をそさらにロスカットし続けて、気が付けば104円手前まで押し目らしいものはなく伸び続けるというドル円の怖いところが全部出た感じの動きw

ドル円は普段そこまで動かない代わりに、動き始めたらジワジワと押し目なく上がり続けることがあるからここが怖いですよね。

他の通貨だと多少は上下してくれるので、上昇中でも上手くナンピンして逃げ切れる場面が一回はあるのですがドル円はそれが本当にない。

逃げ切れる余地がない分結局ロスカットしか逃げ道がなく、結果どこまでもあげていくという感じになりがちです。

今日の東京市場の動きでは、仲値を餌にして104円に一瞬のっけた後利確+損切でジワジワ下がってきて仲値で上げた分全戻ししてフラットな状態です。

このあとどっちにいくかがわからい状態になってしまったので東京時間はこのあとレンジになるのかな?といった雰囲気がただよっています。

ドル円考察

ドル円は昨日の強烈なショートカバーが入り104円タッチまで吹き上げた後ちょっと落ち着いている状態です。

現状新規の103.500以降でショート参入した勢がまた損切しきれず捕まっている状態か続いていると思われます。

そのため104円台に突入してショートを損切りされた後にショートで参入するのが一番値幅とれそうな気がするのでそこを待つのが一番よさそうなきがします。

売り 104.080 104.200 ロスカット 104.280

買い 高値すぎて現状どこで買えばいいかまったくわからず不明

今日は夜に雇用統計があるので、その結果を見てからの売買でもよさげです。

ショート勢が104円突入時ロスカットされたあとにあと乗りでショートしていけば10ピプスくらいとれそうなのでそこを狙うイメージで。

長く持つとさらに踏まれる可能性があるので短期トレード推奨

ドル円4時間足(上がりすぎ感が否めない状態、今夜の雇用統計で方向きまるか?)

 

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です