2月2日為替考察

なんだか最近相場が色々カネ余りすぎてマネーゲームが繰り広げられてますね。

ゲームストップといった株銘柄が360倍になってみたり、

銀の価格が8年ぶりの高値を付けてみたり

仮想通貨のリップルがわずか数時間で価格が2倍に跳ね上がったり

完全にマネーゲーム化しており、相場が遊び場になっています・・・

この発端は「レディット」という米掲示板で買いを煽る投稿がきっかけで、給付金をもらった個人投資家が機関投資家を狙って倒しに行くという動きが流行っていますw

もっと簡単に言うと、投資銀行が大量の資金で空売りを入れて価格を抑えていたところに、掲示板で大量に個人投資家を募り一斉に買いを入れていきます。

そうすると急激に価格が上昇してしまった結果、大量に資金を保有しているはずの投資銀行が烏合の衆に負けてロスカットせざる負えない状況まで追い込まれています。

結果売りを買い戻すしかなくなりあり得ないくらいの上昇を見せるという、普通の力をもった個人の大量集団が強力な力をもった魔王を倒すみたいなゲームが繰り広げられているわけです。

これにより、巨額損失を計上せざる負えなくなってしまった機関は20年以上空売り情報を公開していたにもかかわらず急遽非公開にするなどの対応に追われることになっている状態です。

小さな力が大きな力に立ち向かって倒していくとか見ている側は盛り上がる展開ですが、これに自分もあやかって参加しようとすると痛い目に間違いなく合うのでエンターテイメントとして眺めとくにつきますねw

現在仮想通貨が狙われている状態ですし、次に何がターゲットになるかわかりませんので資金流入がまだ比較的に少ない仮想通貨は怖いかもしれませんね。

ビットコインはそれなりに資金流入ありますが、それでも為替にくらべたらまったくもって規模が小さいものなので価格操作は比較的容易です。

今回狙われたのはリップルですが、ビットコイン以外のそこそこ名のある仮想通貨がが次の標的になるかもしれませんね。

ドル円考察

4時間足を見ると綺麗に上昇トレンドを描いてるところ

そのまま今日中に再度105円抜けてくるとさらに綺麗にチャートを描いて上昇していきそうな雰囲気。

昨日は105.030で抑えられてしまい完全にロスカットを巻き込むことができず上昇を阻まれている状態です。

しかし、一回105円を付けているので壁は若干削られて防御力は減少していますので、今日もう一段上のストップを狙いに行く動きになるかが注目です。

売るならそのストップをつけてから売りで入っていくのが安全そう

基本か下がったら買って行きたいけど、高値ではあるのでロットは抑えめで

買い104.800 104.600 ロスカット104.200

売り105.080 105.200 ロスカット105.300

↓ドル円4時間足(綺麗に上昇トレンド描き中、このままいくか?)

ポンドドル考察

昨日も欧州時間に入ってから動きが活発化し、上値抵抗1.37500を抜けようとする動きがみられましたがやっぱりそこで強烈な売りが入りその後下値更新し続ける一方的な展開に。

ここ最近の動き的には、東京時間で上昇トレンドを描いたものを欧州で上に行くと見せかけてからのロングを集めてそれを狩り取っていく動きのように感じます。

このことから、市場的には完全に上目線だと予想できるので1.36500を割れてくると下値は結構速そう。

一方的に100ピプスくらいの下落はありそうなので買い下がっていく場合はレバは2~3倍に保っていくのが無難か。

買い1.36600 ロスカット1.36300 大幅に下がったら1.35500付近再度買い

売り1.38100 1.38300 ロスカット1.38600

買いはレンジの下限まで引き付けて入っていきたい所で、した抜けたら早そうなので一旦ロスカットしようかと思います。

その後下に走ったら再度買いなおしで。

上値は突き抜けてロスカット一気に巻き込んだ後、後乗りで逆張りしていきたい所です。逆張りは後乗りのほうが安全だし上に担がれたとしても大抵一旦戻ってきますからね。

↓ポンドドル4時間足(高値付近でレンジ中、上下抜けたら早く動くか?)

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です