2月4日為替考察

昨日の相場はなんだかじれったい相場でしたね。

欧州時間はそれなりに動いてくれたのですが、ニューヨークに入るとほぼ動きがなく上下若干レンジの膠着状態が続きやりようがあまりありませんでした。

所々は行ってみたものの中々思惑通りに動かず、入っても逆行してすぐ戻ってこないから損切りしてみたら結局戻ってきて、

今度はドテンで入ってみたら逆行してなかなか戻ってこないから損切りしたらしばらくしたら戻ってくるとかw

もう触らないほうが良いなと思って昨日は利益を減らすだけ減らしてふて寝しました。

あのような相場をずっとみてるとレンジだから入ってみたくなってしまっていざ入ってみるといままでレンジだったのに突き抜けたりするから不思議なもんです・・・。

細かいレンジは入らないってマイルールで決めてるのに、それが続くとはいっちゃうんだよなぁ・・・。

それはそうと、昨日の指標ADPやISMの数値が良かったにもかかわらずあまり相場には影響がありませんでしたね。

でもドル円などは底堅く動いているので下がりにくい理由になった可能性はあるので今後もジリジリ上げていく展開になりそうですなりそうですね。

そのため明日の雇用統計も数値良くてドル円が105円定着したままなら106円目指す展開になりそうなので注目していきたい所です。

ドル円考察

昨日のドル円は105円に再度突入した後105円を割れてくる場面もありましたが、その度に買いが入り105円の下型めをしている雰囲気です。

もしかしたら明日の米雇用統計で一回崩れる場面があるかもしれませんが、そこは買いの押し目の可能性がかなり高いので急激に落ちてきた場合は買いを仕込んでいきたいと思います。

買い104.900 104.800 ロスカット104.500

売り105.300 ロスカット105.500

基本は買いオンリーで、売る場合は吹き上げに注意したいのでなるべく上の方で短期間で売っていきたい所です。

↓ドル円4時間足(堅調に上昇中)

ポンドドル考察

ドル円が底堅く推移しているため、ポンドドルはジリジリと上値を切り下げてきている展開です。

チャートだけ見ると今にも下に走りそうな雰囲気を感じるので今まで通り安易に買いで入り続けると痛い目に合いそう。

なので目線を今は下に切り替えて、戻ってきたところを売っていきたいと思います。

売り1.36600 1.36800 ロスカット1.37200

買い1.35500 ロスカット1.34800

基本上がったところを戻り売りで、1.37000まで戻ってきてしまった場合はその時点で再度流れを見極めたいと思います。

↓ポンドドル4時間足(上値が重く、狭い中レンジだが上値切り下げ中)

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です