10月5日ドル円考察

昨日の深夜からトランプさんが5日には退院する予定という報道がながれており、

今朝がた病院をでたという報道が速報で流れていましたね。

コロナ感染は実はデマだった!とか様々な憶測が飛び交っていますが、なにはともあれ無事に退院できてよかったと思っています。

トランプさんの感染報道がでて金曜日のダウは下落しましたが、日経はトランプさんの報道を受けて午前は+300で引けています。

じゃあドル円も上がるのかといえばほぼ無風の状態が続いています。

週明けの5ト1日でしたので、仲値にむけて105.610円まで上げる展開がありましたがその後が全く続かずロンドン市場待ちという雰囲気が漂っています。

今週も先週に引き続き上値が重い展開が予想され、

トランプさんの容態+トランプ陣営のクラスターという報道が現在飛び交っており、

上に上がる要因は今のところあまりありません。

トランプさんコロナ感染で105円を割れたことからもう一度割に来る可能性のほうが高いのかな?と個人的には感じています。

4時間足ベースの下落トレンドラインが引き続き意識されていますので、まずそこの105.630付近を超えてきて105.800までも超えるかどうかを意識していきたいと思います。

105.800を超えてきたら106円を目指す展開になりそうですね。

売り105.630 105.800 ロスカット 105.900

買い105.220 104.950 ロスカット 104.800

本日は上記の値を目安にエントリーしていこうと思います。

基本は下降トレンドラインを上抜けるまでは売り目線ですね!

今週も頑張っていきましょう!

↓ドル円4時間足

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です