11月9日ドル円考察

日曜日にバイデン大統領が勝利宣言をして大きく為替も週明け動くかと思っていたらまったくといっていいほど無反応・・・

すでに織り込み済みだったのかな・・・?と思って9時になって株式市場がスタートすると日経平均は+500円の爆上げ!

でも為替はほぼ無反応・・・?W

株価は完全に抵抗がない真空地帯に入り込んでいるので、もしかしたら25000円まで吹き上げていくかもしれないですね。

それに伴い普段ならドル円は上げていくものなのですが、上がらずに現状維持を保っています。

このパターンの場合はもし日経平均やダウ平均が一気に崩れたときの場合のみ反応して急落パターンのようなきがします。

25000円を株価がもし突破していったにも関わらずドル円が104円に回復していなければやっぱり101円目指す動き濃厚なのかなと思います。

ドル円のポジション比率を見ても現状8割の人がロングで捕まっている状態なので、どこかもう一発くらいドル円の急落がありそうな展開を予想しています。

なのでちょっとリスクをとって104円損切でひたすら売りの一方通行狙いでいいかなと現状思っています。

ドル円考察

ほぼ上記に記載してしまいましたが、ひたすら104円超えるまではドル円はひたすら売っていきます。

104円超えたら吹き上げていく可能性がロスカットを巻き込んで高くなるので必ず損切で上に跳ねたら躊躇なく入っていこうと思います。

売り103.500 103.800  ロスカット104.060

これがうまくハマれば結構稼げる1週間になるかと思っているので、期待しつつ頑張っていこうと思います!

まあ、104円まで戻っちゃったら大きく損切することになると思いますが、そこはしょうがないかなと思います。

必要経費と割り切って行動していこうと思います。

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です