12月3週目投資結果報告

12月14日~18日の収支は+90061円でした。

ドル円に関しては、何度か上に担がれてしまうことはありましたが結果的に全て戻り売りに戻されている結果となりました。

そのためひたすら上がったところをたたき売る形を取っていましたので方向性がかみ合ってそこそこの収支をだすことができました。

今年いっぱいは今のところ上値が重い展開が続いていきそうなので。上がったところをたたいていく戦法で収支を上乗せしていけそうな雰囲気があります。

それでも動きはほんとうに来週は今よりもなくなってしまうと思われますので大きく稼ごうとするとロットを大きくはっていくしかない展開になると思われます。

そうしたときに一気に薄い取引板を狙って大口のAIが狙ってくる可能性もゼロではありませんので、今週稼ぐことはあきらめておこずかい稼げる程度に取引できれば良いかなと思っています。

でも現状ドル円は一度102円台に突入した後にショートカバーが入り103.600ぐらいまで上昇しましたが結局上値を抑えられました。

一度102円台に突入したため一気にショートカバーが入り104円くらいまで戻してくる可能性も全然ありましたが、103円中盤で上げ止まったということはいまだに下げの圧力が強いことを示しています。

このことから市場は引き続き下げ目線だという認識で来週も今のところはよさそうですね。

あと、仮想通貨市場が再度盛り上がりを見せておりビットコインが250万円を超えてくる値動きとなっております。

2年前の今頃は30~40万円を付けていたので再度の急浮上です。

今現在の株価にも言えることですが、経済は世界的に不景気といわれているにもかかわらず世界的な金融緩和の影響により市場は「カネ余り」といった状態になっております。

ようするにもともと資本を持っていた大企業の社長や役員、または大株主などの富裕層に金融緩和でもたらされた恩恵をすべて吸い上げ資産をさらに膨らませ、その膨らんだ資金を株式市場に流しているため株価は上昇をしていっている状態です。

そのカネ余り状態が今現在仮想通貨市場にも流れ込んできておりビットコインだけでなく、その他アルトコイン系も軒並み上昇をみせており現在バブルとなっております。

もう少しさらに上昇したらまた経済ニュースなどに取り上げられて普段投資もしないような一般人が騒ぎ始めたら再度暴落するサインなので、そのあたりになったら売りを仕込んでおくのは面白いかもしれませんね。

大体前回仮想通貨バブルが訪れたときは290万くらいまで上昇をしたので再度売りを仕掛けるのであれば350万ぐらいまで一気に上昇してからショートを仕掛けると200万ぐらいまでの調整が入りそうなので一気に稼げるチャンスがあるような気がします。

でもあくまでも根拠があるわけではないのでもしもやるなら自己責任でお願いしますw

でも本当に貧富の差が目に見えてわかる時代に突入してきているように感じます。

日本では貧富の差はそこまで外国に比べて感じることはありませんが、顕著に表れてくる時代がすぐそこまで来ているようにも感じます。

金融リテラシーをしっかり若い時から勉強するしないでは年を取ってからの総資産額が軽く「ゼロ一個」は確実に違ってくると思いますので、今のうちに勉強しておいたほうが絶対に良いですね。

このようなことを書くと「カネの亡者だ!」とか言ってくる人がたまにいますが、カネはあくまでも道具です。

カネという道具をうまく扱えたほうが人生立ち回りやすくなりますし、チャンスも多く回ってくることは事実です。

当然お金がなくても幸せになれると思いますが、ある程度お金があったほうが幸せになる可能性が高いと思っているので個人的には勉強しておくことをオススメします!

まあ偉そうなことを書いてみましたが、自分も勉強中の身なので今後も自分自身のことを磨いていきたいと思います!

↓収支結果履歴

損失ピプス数がマイナスなのは豪ドルドルで150ピプス逆行して捕まったのを分割して損切りしたためそれだけで800ピプスくらいマイナスになっています。

実際は300~400ピプスくらい+だと思います。

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です