12月10日ドル円考察

本日は22時30分にラガルドさんの定例記者会見があります。

そこでどのような発言をするかが非常に注目されているところではありますが、ユーロの金利関係の発言をすれば今上昇トレンドにあるユーロドルが急激に動く可能性があります。

そのため22時30分までは積極的にポジションを持たないほうがぶなんでしょうね。

ニューヨークタイムの23時30分くらいから結構動くと思われるのでその時間からのほうが方向感がわかりやすくエントリーしやすいかもしれません。

また昨日もドル円はほぼ動かず、どちらにもいかない状態でしたね。

でも、103円まで落ちることなく104円前半を耐え続け深夜には104.400まで上昇する場面がありました。

104.250付近でずっと跳ね返され続けていたので一旦上昇していく雰囲気がでてきましたね。

でも長い時間足でみればほぼこれでも動いていない状態なので抜けたからと言ってトレンド転換してるレベルには到底なっていません。

今日の注目するところは12月2日につけた高値104.750をどう超えてくるかが焦点となりそうです。

ですが104.600あたりは利確売りがでやすいところであるので一旦そのあたりでもみ合った後に750チャレンジしていくかどうかですね。

そこをもし一気に抜けてくるようなら105円までそのまま上昇する可能性もでてきますので、買い目線に切り替えてもいいかもしれないポイントになるかもしれません。

でも105.100付近を抜けてこないとやっぱり戻り売りに押されやすい状態なのでジリジリさがっていっちゃいそうな予感はしますがどうでしょうか。

買い104.200 104.800 ロスカット103.880

売り104.750 104.850 ロスカット105.100

104.700付近は簡単に抜けていかないと思うのでそのあたりで何回か戻り売りで小銭稼げるといいですね。

ジリジリあがってくる展開になるようならそこはスキャしながら複数回入っていこうと思います。

ドル円4時間足

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です