12月17日為替考察

昨日のFOMCは金利据え置きでしたね。

ゼロ金利も経済が回復するまで継続とのことで、経済回復の後押し材料と認識されてドル買いが進行する流れとなりました。

それに伴いドル円も上昇したのですが、ドル買いに流れたのは一瞬で結局継続したドル売りのほうが強く、全戻しした上に更に下値を掘っていこうという動きになっています。

ドル円も103.900まで上昇したものの、朝の仲値で103.400をぬけており、昨日の安値103.260をした抜けてくると恐らく103円割れチャレンジまでいくのではないかと思います。

東京時間は大抵下がり続けると押し目なく下がり続ける傾向が強いのでズルズルと103.160付近までくるとかなり危ない予感がします。

でも一番可能性があるシナリオとしては、東京時間は103.300~400をうろうろした後に欧州時間で103.500~600付近まで上がった後下落パターンかといちおう予想しています。

なので再度上がってきたところでたたき売っていく予定です。

買い 基本買いません。買うとしたら102.800付近

売り 103.550 103.700 ロスカット104.100

104円復帰はかなり再度厳しい展開なので市場は再度売り目線に傾いています。

でも頭の片隅には104円までいっきに戻すショートカバーがあるとこの間のワクチン報道きっかけに105円まで吹き上げるパターンもなきにしろあらずなので低ロットで下値割れていくのを待つといった感じが一番リスクヘッジできてよいかなと思います。

↓ドル円4時間足

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です