初心者にオススメしたいFX業者!!

2020年はコロナ危機を背景として急激な円高が進んだことなどが連日報道され、FXの取引量も増加しました。

また、国内のFX会社も様々な特徴を打ち出しながら投資家を獲得しようとしています。

ユーザーとしてはそれぞれのFX会社のメリット・デメリットや違いを理解してどこを利用するのか選択していく必要があります。

今回はそんな投資に興味を持ち始めた方に1番使いやすく、オススメの取引業者「DMM FX」をご紹介したいと思います!


DMMFXのメリット

(1)LINEカスタマーサポートで相談可能

DMMFXのLINEカスタマーサポート機能は、DMMFXのLINEアカウントを友だち追加するだけで利用できます。

いちいち個人情報を打ち込んだり、挨拶文を打つ必要もありません。会社の休み時間でも、通勤途中でも思いついたときに質問ができます。

DMMFX・LINE問い合わせPC1DMMFX・LINE問い合わせPC2DMMFX・LINE問い合わせPC3

ググってもわからなそうなことだけど、電話できる状況じゃないし、メールじゃ遅い…」というようなときに最適です。

LINEできちんとした回答がもらえるので、分からないことはどんどん質問しましょう。

(2)PCに匹敵する機能を備えており、スマホトレードが行いやすい

DMMFXの開発したFXトレード用スマホアプリ「スマートフォンアプリDMMFX」は、PCに匹敵する機能性とユーザーの操作性を兼ね備えた万能型のアプリとして開発されました。

スマホをメインにトレードしているユーザーは年々増えてきていおり、スマホアプリへの注目度も高くなってきているでしょう。

DMMのアプリは定期的にアップデートされており、DMMFXのアプリから始めてみても良いでしょう。

(3)「売買比率の確認」機能で他のトレーダーの情報がわかる!

DMMFXの取引ツールには「売買比率の確認」機能が備わっています。

この機能では各通貨ペアが実際にどのくらい買われ、どのくらい売られているのかを見ることができます。

DMMFX・売買比率

(4)取引するだけで、現金に交換できるポイントがたまる

新規取引1lot (=1万通貨単位)ごとに1ポイントがつきます。

たまったポイントは、1ポイント=1円として換金できます。その後は現金としてお使い頂けます。

ふだん通りの取引をするだけでポイントがたまるので嬉しいですね。

FXの取引でポイントが貯まる

DMMFXのデメリット

取引単位が10,000通貨から

DMMFXの通貨単位は、各通貨ペア10,000通貨単位です。

1ドル=100円と仮定すると、ドル円の10,000通貨は日本円に直すと、100万円分となります。レバレッジ25倍の取引では、ドル円の10,000通貨を保有するためには4万円の証拠金が必要で、ポジション保有時にこの部分が拘束されます。

さらに取引に必要な資金も、別途必要になります。ドル円の1万通貨取引は、1円の変動が1万円に相当するので(手数料除く)、10円の逆行に耐えるためには10万円分が必要です。よって、拘束される証拠金と合わせると、15万円ほどの資金があれば、1万通貨取引で思惑と逆方向に10円動いても、口座は維持できることになります。

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です