「パレードの法則」を使用すれば売れる商品が見極められる!

どうも、コウイチです。

今回このような質問を受けましたのでお答えしていきたいと思います。

「無在庫転売で商品を選定するときに何を基準にしてますか?」

 

動画では説明していないですが、

パレードの法則」の派生である2:6:2の法則というものもあります。

これは僕が店長時代に上司から教えてもらったことですが、

主に人材に関することです。

2割の優秀な人、

6割のそこそこできる人

2割のプラプラしている人

この3種類の人材がお店だったり組織などのグループには存在する

という意味です。

じゃあ上位2割の人でチームを結成すればスーパーチームができるじゃん!

と思った人がいるかもしれませんが、面白いことに

上位2割の人たちで結成したチームのはずなのに

時間がたつとそこでも2:6:2の法則が発生してしまうのです。

分かりやすく野球で例えてみると、(野球ファンの方すいません)

資金力のある巨人がスター選手を多く獲得しても必ず良い成績を収めているわけではありません。むしろ資金力がないチームが優勝することもあります。

つまり、何を伝えたいかというと

アマゾン上位2割の商品を選定したにも関わらず、

最初は売れていて喜んでいたのに徐々に売り上げが落ちてくるのは

その中でもパレードの法則が発生していますよ!

ということを伝えたいのです。

この考えのことから、パレードの法則が発生しないようにつねに

新しい上位2割をくわえていくことが売り上げの維持向上には

必要不可欠ということですね!

やり方を変えていないのに売り上げが徐々に減ってきてしまった人は

これを意識してみるとなにか変わるかもしれませんね。

 

今回も最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

 

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です