ネットビジネススクールに入っても「稼げる人」「稼げない人」の決定的な違い・・・

どうも、コウイチです。

今教えているコンサル生が数名いるのですが、
教えている内容と期間は同じでも
何故だか個々で差が出ています。

勿論稼げる内容を教えているので全員実績は
でてはいますが、ちょっと理由を考えてみました。

このブログを読んでいる方で、ネットビジネススクールに
入っている方も多くいらっしゃるでしょうし、
これから入ろうと考えている方もいると思います。

今回は他人から稼げる手法を直接教えてもらっているのに

「稼げる人」と「稼げない人」

の決定的な違いを紹介していきます。

成功する人、しない人の違いは?

まず、成功する人とそうでない人の違いはなんでしょうか?

ちゃんとしたスクールであれば、
必ず成功する人が一定数出ますし、
また成功しない人残念ながらでてきてしまいます。

なぜ、全く同じことを教えているにも関わらず
成功する人としない人が分かれるのでしょうか。

結論から言うと、教えられた通りに実行出来ているか
どうかな違いです。

ちなみに、行動を全くしていない人は
論外ですのででここでは除外させていただきます。

行動しない人は誰からも相手にされないので、
もしそのような方が見ている中にいるのであれば、
今すぐ行動をするようにしましょう。

教えられた通りに実行出来るかどうかなんですが、

大事なことは2つあります!

教材は何度も見返す

ひとつ目ですが、

教えられた通りに実行できるかどうかは、
まずどれだけその教材をしっかりと
真剣に理解しようとしたかどうかです。

多くのスクールは、動画もしくはPDFで配布する形式ですが、
動画・PDFを正しく理解できていない人が結構います。

動画や文章でしっかりと説明をしているはずなのですが、
「それは、動画の●●分で解説していますが、
ちゃんと見ましたか?」

というような質問が、
山ほど発生してしまうのが現実に頻繁にあります。

与えられた教材をしっかりと理解できなければ
成功できないのは当然ですが、何も考えずに流し見をして
1回見たら終わりという方は、動画の内容を理解することは
到底できないと思います。

だから、もし何かにスクールに
入っている人でうまく行っていない人がいるようでしたら、
まずこの部分をしっかりと理解してください。

このように陥らないようにするために
何をすればよいかと言えば、
とにかく何度も繰り返し教材を聞いたり、
観たり読んだりすることが非常に大切です。

多くの人は、1回なんとなく教材をチェックしただけで、
行動をし始めて、間違っていることをして、
結果が出ないわけです。

そして数週間実践をして、自分が思っていたように
結果がついてこないと、

「この情報は嘘だらけだ!」「教え方が悪い!」

などと、文句やクレームを言い出してしまい
自分の成果がでないのは他人のせいだと
言い始めてしまう非常に残念な方も中にはいるようです。

何度も見返すのが大切なんですが、
何度も見返すってなると人によってバラつきが出てしまうので、
明確に数で基準を示しますと

教材は、合計最低十回は真剣に見る。

これが、基準です。

始めは3回じっくり見て、4回目以降は実践してから見返す
ということを繰り返します。

2~3日実践し、再度教材をまたじっくり見直します。

なぜ、実践を挟んでから教材を
見返さないといけないかというと、

実践してみないと、わかっていないことや
できていないことが浮彫になっていかないので、
だから実践を挟むことが大切なわけです。

これをすると、
教材をつくった人がどういう意図で
話しているのかがわかるようになってきて、
どんどん理解度が深まっていくわけです。

実践をやる前に見た動画と、
やった後の動画の見え方に変化が感じられれば、
それだけ理解度が深まっているということです。

これをやっている人はほとんどおらず、
だからこそ逆にやっている人は結果が出ます。

ぜひ、実践してみてくださいね!

2つ目ですが、こちらもかなり重要です。
2つそろって初めて成功になります。

質問をすること

「質問はいつもしています」と思った方がいると思いますが、
僕がここで言いたい「質問」はちょっと違います。

僕が伝えたい質問というのは、

「これってどういう意味ですか?」

というそのような類のものではなく、
もっともっと深いものなのですが、

僕が今回言う質問というものは、
ただ教材に書いてあることを質問するのではなく、
自分の行動した結果を講師に伝え、

それに対する

・良かった点
・悪かった点
・自分なりの考察
・聞きたいこと

などを明確に記載し、それについてのフィードバックをもらう
というものです。

だから、質問を送る前にまずしっかりと考えて行動していき、
ある程度の何かがまとまったところで、
一生懸命に質問内容を考えてから聞く
ということが非常に大切なんですね。

質問文を書く時も、真剣に考えて書かなければならないので、
2時間とか3時間とかかけて質問内容を
まとめる必要があるわけです。

質問内容をまとめるという行為は、
自分の頭の中を整理しなくては内容がまとまっていかないので、質問内容を考えているときに
自分で閃くことも僕自身はありました。

自分が一生懸命行動した汗の結晶と、
擦り切れるほど自分なりに出した考察を
講師に全力でぶつけるということが大切です。

この「トライ&エラー」をひたすら繰り返す数の違いが

「稼げる人」と「稼げない人」の一番の違いです!

ただあまり実践もしていないのに、

「なんとなくわからないから聞いてみよう」

という人に限って時間がたつと何度も同じ質問をしてきます。

今回は少し厳しめのことを記載してしまいましたが、

もしこの内容を読んで、当てはまっていることがあれば

今から修正していくように心がけていきましょう!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です