ヤフオクで出品制限になってしまったときの理由と対象方法とは!?

どうも、コウイチです。

今日は何個落札されているかなと思いアカウントを開いてみると

なんと一個も落札されていない!

まさかと思い評価数を見てみると「出品制限」をかけられてしまいました。

結果解除してもらい今は普通に出品できているので

問題はありませんが、停止になってしまうと色々と面倒です。

今回はこの制限中をどのようにヤフオク側から解除してもらえたのかを解説していきます。

出品制限になってしまう原因

出品制限となってしまった場合、出品機能は利用することが出来ませんが、入札、落札、取引ナビの利用については普通に行うことが出来ます。

出品制限や利用停止などヤフオクには3つの措置があるので、まずはこれらの措置をとられてしまうと何が出来なくなるのか見て行きましょう。

出品制限・・・出品・再出品

利用停止・・・出品・再出品・評価・取引ナビ・ウォッチリスト

登録削除・・・ログイン不可

利用停止と、登録削除はヤフーに直接メールを送ったとしても

ほぼ復旧は不可能です。潔くあきらめるしかありません。

ただし、停止になった理由はしっかりと分析だけはしてください。

再度同じことを繰り返すのは本当にもったいないですからね。

 

ただし、制限中のみヤフーに直接メールを送ることで

制限を解除することができます。

まずヤフオクから「出品制限のお知らせ」というメールが届き、

出品制限を掛けられてしまった理由がそこに大体記載されています。

1偽物の疑いがある出品を繰り返した

2在庫がない商品を出品した

3その他トラブルがおこる可能性がある出品者だと判断された

大体が上記3点が制限をかけられる理由になります。

もっと簡単に言うと「ヤフオクの規約違反の可能性がある」

と運営側に判断されたとうことです。

解除方法ですが、先ほど説明したヤフオクから送信されるメールに

ほぼ記載されています。

例えば1の偽物の可能性があるものを出品していた場合は、

「ヤフオクの規約をしっかり再度熟読し、同じことを繰り返さぬよう再発防止に全力で努めさせていただきます。この度は大変申し訳ございませんでした」

上記のようなコメントをヤフオクの問い合わせに送れば

翌日には制限中が解除されています。

今回留められた理由も1だったため上記の文章を送ったら

その日に解除してくれました。

また、制限をかけられてしまった理由ですが

恐らく、偽物の可能性がある商品を運営側が削除し

それに気が付かないで、再出品してしまったことが原因だと思います。

このように、制限中は大抵復活させることができますが

ならないことにはこしたことがないので、規約はしっかりと

頭に入れておきましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございました

ご質問などございましたらお気軽に問い合わせにてメールをお送りしてください! できるかぎりお答えしたいと思っています^^ スカイプでも質問を受けておりますので、トップページに表示してありますスカイプIDに遠慮なく申請をだしてきてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です